【2022年版】無料デモ・トライアルありのAIチャットボットおすすめツール5選。料金ページで費用がいくらか?わかる

この記事では、無料デモ・トライアルの提供があり、かつ、料金がサービス紹介ページ上で公開されており、事前に費用がいくらかかるか?の目安がわかる手頃なツールをおすすめ5選として紹介します。
AIチャットボットのツール選定は、「問合せ前から費用の目安が分かっていること」、「無料デモや無料トライアルがあるサービスの中から選定すること」で、無駄な時間を浪費せずにツールの比較を進めることができます。

社内FAQ・ヘルプデスクのチャットボットの費用対効果を算出し導入を進めるには?

社内FAQの費用対効果の算出方法とその考え方についてです。
過剰期待の時期を経て、現在はチャットボットの現実的な活用方法が理解され、企業でもチャットボットの導入と活用が定着してきています。
なかでも、コロナ禍もきっかけとなり、DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるための手前の段階の施策の推進や、急ピッチで業務効率化を推し進める企業が増えています。その一環として、社内FAQの解決のためにチャットボットの導入が進んでいます。以下のような活用をすることで課題を解決しています。
・気軽に質問できるメリットを生かし、「まずは自分で調べる」フローを定着させる
・「何が質問されているか」の定量化や可視化をすることで社員が自己解決できる範囲を増やす

【解説】Microsoft Teamsにチャットボットを設置。社内FAQで業務の効率化

リモートワークの広がりやDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を機会に、業務の効率化が進められています。なかでも影響が大きいものとして、よくある質問への自己解決手段の提供があり、その自己解決手段の提供ツールとしてチャットボットが着目されています。社内で分からないことがあった場合に、気軽かつ迅速に社内メンバーからの質問を自己解決できる方法としてチャットボットが活用されています。

Microsoft 365(旧Office 365)にチャットボットを設置する方法として
・Teams(チームズ)に設置する
・SharePoint(シェアポイント)に設置する
と2通りの方法があります。この記事ではMicrosoft 365を利用していた場合にMicrosoft Teams上にチャットボットを設置し、社内FAQの自己解決手段を提供する方法について扱います。

社内FAQチャットボットの活用でリモートワークにおける社内対応を効率化

コロナ渦以前は社内での質問はオフィスで直接担当者に聞けるため、すぐに解決していました。しかし、リモートワークの場合には、電話やメール、チャットツールで個別に担当者に質問するため、すぐに解決することが難しいことも多くなり、何度もやり取りを繰り返してしまい、質問者・対応者とも負担が増えています。社内での質問対応など、リモートワークになってからの質問者や対応者からみた課題、課題解決を行うソリューションなど、解説していきます。

AIチャットボット、シナリオチャットボット、FAQシステムはどう比較する?4つのポイント

チャットボットやFAQシステムなどの自己解決手段で比較すべき大きな違いは4つです。ユーザー目線で2つ、運営者目線で2つ。これらに着目するとチャットボットやFAQシステムをなるべくシンプルに比較することができます。どうしても仕組みや機能の違いから比較を開始してしまうと、考える要素が多くなってしまい複雑化します。「ユーザー目線」と「運営者目線」から見て実際に影響が大きい点に話を絞ると比較をしやすくなります。

関連ページ・資料