機能紹介

hitoboの主要な機能をご紹介します。

AIチャットボット

チャットボットがあなたの代わりに自動で対応。

AI技術を応用した自動応答エンジンで、表記揺れにも自動対応。

AIチャットボット:  主な機能

Q&A登録だけで賢く回答

Q&Aを登録するだけで、ユーザーの質問投稿の表記ゆれに対応。言い換えがあった場合にもボットが賢く応答することができます。

辞書のカスタマイズ

社内用語、自社の商品名など、独自の「正式名称」とその「言い換え」がある場合も、自社専用辞書をカスタマイズすることで応答が可能に。

選択肢ボタンで誘導

登録済みのQ&Aを検索して簡単に誘導ボタンを設置できます。ドラッグ&ドロップで直感的に設置。複雑な設計作業が不要です。

CSVで一括登録/出力

既にQ&Aリストがある場合や、Q&Aを一括登録したい場合はCSVアップロードで登録可能。登録済のQ&AはすべてCSVで出力可能。

既存ページ、既存チャネルへの誘導

Q&Aの回答内にURLによるリンクや、テキストにハイパーリンクを設定可能です。

カテゴリ、サブカテゴリで情報を整理

「モレなくダブりなく」Q&Aを作るために、カテゴリ、サブカテゴリの付加。Q&Aを整理しながら作成

FAQページの自動生成

ボタンひとつで利用開始が可能。

チャットボットと同じQ&Aを見やすい形で提供できます。

FAQページの自動生成:  主な機能

チャットボットのQ&Aを更新するとFAQページが連動

チャットボットとFAQページの両方のQ&Aをそれぞれを更新する二重運用が発生しません。

カテゴリ・サブカテゴリで分類。カテゴリ検索を提供

Q&Aに付与した、カテゴリ・サブカテゴリで自動分類し表示。カテゴリ検索を提供できます。

PC、スマホ表示共にOK。レスポンシブ対応

タイムラインで表示するチャットボットに比べ、PCでもスマホでも豊富な情報量でQ&A候補の表示可能

URLを持つ独立したページとして利用可能

FAQ検索ページが元々なくても、設置するページが無くてもURLから直接アクセスして利用可能。

チャットボットから誘導するボタンの表示が可能

チャットボットでユーザーが求めるQ&Aが表示できかった場合もボタンで誘導し、他の候補を表示可能。

ロゴ画像、表示タイトルの設定

自社の企業ロゴ、製品・サービスのブランドのロゴ画像を表示可能。入力欄上部のタイトルも変更できる。

分析・レポート

ダッシュボードでリアルタイムに確認。

お問い合わせの件数や、チャットログでボットとユーザーの会話の内容を確認できます。

分析・レポート:  主な機能

追加すべきQ&Aの自動レコメンド機能

チャット履歴を元に多かった質問を自動分析し、多かった順に表示。負荷のかかるQ&A改善作業を短縮。

解決数、未解決数の推移

チャットボットで応答後に解決したか未解決か聞いた結果をQ&A単位で表示。

チャット全履歴のCSV出力

チャットの自由入力での質問が可能なことでチャット履歴でユーザーが聞きたかった内容を把握できます。

ユーザー単位のチャット履歴をタイムラインで表示

管理画面上で、ユーザーとボットと有人チャットのチャット履歴をユーザー単位で閲覧可能。

よく表示されるQ&Aを多かった順に表示

ユーザーに頻繁に質問がされ、参照されているQ&Aを多かった順に確認できます。

時間帯別メッセージ数

曜日・時間帯別のメッセージ数が集中している時間を色の濃淡で直感的に把握可能です。

その他の機能

上記の機能以外に、用途に応じた機能をご利用いただけます。

デザイン

チャットウィンドウの色を自由に変更

カラーコード、カラーピッカーを用いて、チャットウィンドウの色を自由に変更可能。

アイコン画像の変更

チャットボットのアイコン画像、有人チャットのオペレータのアイコン画像をそれぞれ設定できます。

チャットウィンドウの開始ボタンをカスタマイズ

チャットボッットを利用開始するためのトリガーボタンにオリジナル画像の設定ができます。

有人チャット

ボットで解決しなかった問合せをリアルタイムに対応

有人チャットをONにすると、ボットで未解決の場合に、ユーザーがすぐにオペレータに問合せ可能。

ボット割込みで対応可能

ユーザーとボットのやりとりをリアルタイムにチェック。有人チャットでボットに割り込み対応が可能。

チャット履歴の閲覧

有人チャット窓口につなぐボタンの表示を行う営業日や対応時間帯を設定できます。

社内FAQに役立つ機能

外部アプリ対応

Teams・SharePoint・Googleサイトなど、管理画面上に表示される専用タグにより、ノーコードで設置可能です。

IP制限の設定

限られた関係者以外の閲覧を制限したい場合にIP制限の設定が可能。

社内用語の辞書登録

社内の独自用語の正式名称、複数の言い換えも、辞書追加できます。

上記以外にも、hitoboの詳細については、サービス紹介資料からご確認いただけます。

【30日間無料トライアル実施中】
簡単に構築・運用できるチャットボット「hitobo」をお試しいただけます。