チャットボット・AIが得意とすること、不得意とすることを理解し、上手に導入するコツを本セミナーでお教えします。

チャットボットは大きな盛り上がりを見せる一方で、
その導入時に何を重視すればよいかといった知見が共有されておらず、
検討時の知識差が大きいサービスとなってます。

カスタマーサポートの運用サービスをこれまで提供してきた企業の視点で、
単なるシステム導入にとどまらないインパクトを出すためのサービス設計についてお話しさせていただきます。

また、今回は『いちばんやさしいLINE ビジネスコネクトの教本』の著者である
トライバルメディアハウスの豊田義和様をお迎えして、LINE ビジネスコネクトについてお話しいただきます。

「LINE」というチャネルの側面と、「チャットボット」という機能の側面の2つの方向から、
よりよいチャットコミュニケーションのためのヒントとなる内容をご提供いたします。

日時: 2017年1月30日(月)15:00~17:00(14:30開場)
会場: 東京 五反田 アディッシュセミナールーム(6F)
参加費: 無料  定員: 40名

タイムテーブル

14:30

開場

15:00~15:40

講演①『チャットボットの顧客窓口活用の基礎』
~カスタマーサポート視点でのチャットボットサービス設計~

アディッシュ株式会社 取締役 池谷昌大

15:40~15:50

休憩

15:50~16:30

講演②『LINE ビジネスコネクトを活用したOne to Oneコミュニケーション』

株式会社トライバルメディアハウス マーケティングデザイン事業部
マネージャー/シニアストラテジスト
豊田 義和 様

16:30~17:00

ネットワーキング

講演者プロフィール

株式会社トライバルメディアハウス マーケティングデザイン事業部
マネージャー/シニアストラテジスト
豊田義和

トライバルメディアハウスに入社後、ソーシャルメディアマーケティングの戦略策定や
効果測定手法開発など多数のプロジェクトに携わる。
ソーシャルメディアアカウントの効果測定調査サービスや、ソーシャルメディアデータに
基づくメールマガジンの最適化などの新規プロジェクトを立ち上げ、
現在はコミュニケーション最適化などデータにもとづいたマーケティング課題の解決に従事。
共著に『いちばんやさしいLINE ビジネスコネクトの教本~人気講師が教える双方向マーケティング実践
ソーシャルメディア白書2012』(翔泳社)がある。

アディッシュ株式会社 取締役 池谷昌大

2000年より国内・海外半導体商社、外資系半導体メーカーを経て、2009年に株式会社ガイアックスに入社。
企業向けSNSモニタリング事業、カスタマーサポート事業の営業及びサービス構築を担当。
2014年よりアディッシュ株式会社の取締役。
現在はAI活用サービスの構築と、チャットボット+有人チャットサポート融合サービスのhitoboの事業責任者を兼務。

セミナーお申込み

受付は終了いたしました。