hitoboでは販売パートナー企業、代理店(法人のみ)を募集しています。
パートナーとしてhitoboの販売を希望される企業の方は以下よりお問い合わせください。

hitoboのパートナーのメリット

チャットボットのhitoboを提案商材の引き出しとして持つことで、クライアントへの提案機会を増やせます。
また導入いただけた場合は継続的な契約関係により自社サービス・製品の営業機会を増やせます。
クライアントへの提案にあたり、一般的なチャットボットは複雑なノウハウや企画・制作体制が
必要なサービスが多い中、hitoboはそれが不要です。
その後のサポートの手間も少なく、クライアントへの提案商材に向いています。

プレゼンテーションのピクトグラム

クライアントへの
提案商材を増やせる

指数関数的にアップするグラフのアイコン (1)

継続的な取引関係を作れて
営業機会を増やせる

アンケートシートのフリーアイコン

提案にあたり複雑なノウハウや
制作体制が不要

お取り組みの例

Web制作、システム開発、コンサルティング、アウトソーシングサービスを展開されている企業様などを
中心としたパートナー様との取り組みの実績があります。

以下に一部をご紹介します。

◆事例1 WEB制作会社様との取り組み

– 課題:サービス紹介サイトの訪問者へのサポート改善

WEB制作会社様のクライアント企業のサービス紹介サイトにおいて、利用者のアクションは増やしたいが、その一方で対応コストは抑えたいといった課題に対する提案をするため。

– 提供内容

①アクションを全く行わずに離脱してしまうサイト訪問者に対して、気軽に問い合わせる手段としてチャットボットを設置。

②簡単な内容かつ、よくある質問は、利用者が顧客窓口に問い合わせをしなくても、すぐに解決できる手段を提供。チャットボットが問い合わせ内容に応じて適切なページへ誘導したり、適切な問い合わせチャネルへ即時に誘導できるようにした。利用者の利便性の向上と、顧客窓口での電話・メールでのサポート業務の効率化を実施。

◆事例2 システム開発会社様との取り組み

– 課題:社内の質問対応の業務効率化

システム開発会社様のクライアント企業において、社内のナレッジ共有と社内問い合わせ対応に関して課題があった。特に情報システム部や総務部で同じような質問への返信が毎日発生し、日常の業務を圧迫していた。

情報の更新性を保つために、技術的知識がなくても、ITツールにそれほど慣れていなくても、実際の回答をしている担当者自身がボットの作成が可能なツールを探していた。

– 提供内容

無料トライアルで実際の自社内の質問例をいくつか設定し、自由入力に対しても上手く回答ができることを事前に確認。実際の担当者がツールで設定を試してみることで、ツールとしての簡単さも確認。このツールであればその後の各部署への展開もしやすいと判断し導入が決定された。

>>関連記事: 社内での質問対応のサービスレベルの向上や業務効率化のために活用した例

チャットボット導入事例:アーバンリサーチ様『社内ポータルでよくある質問にチャットボットで即答』

 

>>関連記事: 自治体において、市民が24時間365日質問することが可能なチャットボットを導入した例

自治体導入事例:愛知県小牧市様『チャットボットで市民がいつでも問い合わせ可能に』

hitobo資料は以下からダウンロードできます。

hitoboの基本的な仕組みや活用方法など分かりやすいサービス解説!

現在アディッシュでは「hitobo」というチャットボットサービスを提供しています。
ユーザーの自己解決を促し、問い合わせ対応業務の軽減が可能です。

【特徴①】
複雑な設定なし、通常の6分の1以下の労力で構築可能!その日からチャットボットボットが利用できます。

【特徴②】
表現揺らぎ自動対応機能、チャットログ自動分析による改善提案機能など、自動対応機能が充実!最小限の労力で運用可能です。

【特徴③】
使いやすい費用感、月額60,000円~